家電製品・家庭用品・器物のトータルメーカー 家電製品・家庭用品・器物のトータルメーカー  
製品情報 サポート&サービス 家電製品・器物のOEM製造 会社案内 お問い合わせ

ステンレス鋼の種類

代表的なステンレス鋼の3種類と比較対象として鉄の特性をご紹介します。

種類
クロムニッケル系ステンレス鋼
クロム系ステンレス鋼
クロム系ステンレス鋼
18-8ステンレス鋼
18-0ステンレス鋼
19-0ステンレス鋼
SUS304
SUS430
NSSC180(430J1L)
基本成分
約18%のクロムと約8%のニッケルを含む。
約18%のクロムを含む。(ニッケルを含まない。)
約19%のクロムを含む。(ニッケルを含まない。)銅、ニオブを含む。
耐食性
優れている
やや劣る
優れている
劣る
耐熱性
きわめて優れている
きわめて優れている
きわめて優れている
耐衝撃性
きわめて強い
きわめて強い
きわめて強い
強い
磁性
磁石がつかない。
磁石がつく。
磁石がつく。
磁石がつく
加工性
加工しやすい
加工しにくい
18-0の改良 少し加工しやすい
加工しやすい
熱伝導性
低い
低い
低い
高い
価格
☆☆☆☆☆☆
☆☆
☆☆☆
用途 鍋やケトルのボディなど 鍋の蓋やケトルの底など 鍋、スチーマーのセイロなど フライパン・てんぷら鍋など

NSSC180(430J1L)

  約19%のクロムを含んでいてその他、銅(Cu)やニオブ(Nb)等の成分を含有させ、SUS430に比べ耐食性・加工性の向上を図った鋼種です。
耐食性に関してはSUS304とほぼ同程度を誇ります。JIS規格としてはSUS430J1Lに相当します。

鉄芯三層鋼

鉄芯三層鋼は、熱伝導に優れた鉄を、耐久性、保温性に優れ、さびにくいステンレス鋼で挟んだ合金鋼です。
熱伝導率の高い鉄を耐食性の高いステンレス鋼ではさみ込むことで、熱伝導率が高く耐食性も高い合金鋼となります。また鉄の熱が逃げにくくなり保温性も高まります。
つまり鉄とステンレスでお互いの弱点を補完しあい、両方の長所をあわせ持つのが鉄芯三層鋼です。
これは電磁調理器(IH調理器)に最適です。

  • 鉄…熱伝導が良いが、さびやすい。
  • ステンレス鋼…熱伝導が悪いが、さびにくい。

二つの素材が合わさることで、互いの短所を補い、互いの長所を合わせもちます。

10円硬貨でおなじみの銅は熱伝導が大変良く、とても美しい材質です。
銅製の鍋は現在とても高価な製品となっています。
電磁調理器で使用できない、お手入れをしないと10円硬貨のように変色するなどのデメリットもあります。

主にフライパンや天ぷら鍋に使われています。鉄はさびるため表面に塗装が施してあります。

製品情報 会社案内 お問い合わせ プライバシーポリシー
家電製品・家庭用品・器物のトータルメーカー[丸山技研]